今年も10月の第3週に味覚の一週間が開催されます。
味覚の一週間とはフランスで始まった運動で、味覚を通じて健康や環境など食を取り巻く状況を考えようという運動です。
私も今年も小学校で味覚についての授業をさせていただくことになりました。
味覚が一番敏感で、味覚が完成しつつある10歳前後の子供たちに味覚について知ってもらい、今後の食生活を考えていただけるといいなと思います。

普段は味覚についてあまり考える機会はないと思いますが、自身の食を選ぶ基準となるもので、味覚が鈍くなってくると、塩分過多になってしまったりで生活習慣病にかかるリスクが高まると言われています。

是非皆さんも一緒に味覚について考える機会にしてくださいね!

5ヶ月前